クウソウレストラン〜Kusuo〜

統合失調症経験者の雑日記

統合失調症経験者〜幻覚症状 おもしろエピソード

f:id:Restaurant:20210120195803j:plain

「ああ、そういえばそんなこともあった!」

私の場合、そんな形で映像が見えてくることがありました。

 

高校を卒業後、すぐに東京都内のホテルに就職。

親元を離れて都会生活がしたかった、バリバリの田舎者でした。

 

黒服のホテルマンが、さっそうと歩く姿は、今思い返しても惚れぼれしてしまいます。

エヌハーベスト 有機スパイス

 

私は、コーヒーや軽食を提供するセクションに配属されていました。

ホテルの中でも、比較的外部からのお客様が出入りしやすい、飲食部門です 。

いつの日からか、いつもうつむいて、悲しそうな顔で来店されるお客様が、いらっしゃるようになりました。一人で。

誰に言われるでもなく、従業員皆、なるべくくつろいでいただけるよう、あまり他のお客様の目の触れない、目立たない席にご案内していました。

勿論私もです。でもある日、思いきって、真ん中の見通しのよい席に、ご案内してしまいました。

いつもと同じように、席に着いても下を向き、悲しそうな表情です。

ある先輩はそれを見て

「どうしてあの席に案内したの?かわいそうでしょ!」

と苦言。

私もさすがに酷いことをしてしまったかなと思い、

「すいません」

とあやまるばかり。



その後、隣のセクションのサービス黒服(私の所属セクションの上司と仲が良く、よく立ち寄っていました)が

「何であそこの席に案内したんだ?」

と私に聞いてきました。

「あのお客さん、いつも『やっぱりダメだ』っていう表情で帰っていくんです。ホテルの喫茶店に一人で入る勇気があるのに、毎回なんです。それで前を向いて帰って行って欲しいなと思って。」

「それで、どうだった?」

「うーん、いつもとあまり変わらなかったかも」

「そうか。その思いが相手に届くといいな」

その言葉に、私は救われたような気持ちで、

「はい。でも、あのお客様、もうきてくれないですね、きっと。」

「まあ、新しい一歩になってくれたら、それもいいだろ」

 

もう嬉しくなり、私は上司にそのことを話します。

すると、その上司は

「あのな、そんなこと言っても、あいつだって男だぞ」

それを聞いた私は、大笑いして

「そりゃそうですよ。Nさん、どっからどう見ても女には見えません!」

「は?お前今、なんて言った?」

「だから、どっからどう見ても女には見えないって言ったんです。変なこと言いますね」

私の答えに、世にも不思議な生き物をみたような表情をしながら、近くにいた先輩に、ことのしだいを話しています。

「…〜な、お前、意味わかるだろ⁉︎」

「あいつ、ゲラゲラ笑って、『どこから見ても女には見えない』って言ったんだぞ!」

その先輩はくるっと振り向いて

「こまめ(私の名前)、おもしろい」

「えっ!?私が?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

後に客観的に見ると、やっぱり私の返答はおもしろい。

そう、そのことに気づいたのは、そこを退職して十数年後の、1回目の幻覚症状が発症してからなのでした。

 

そして、やはりあのお客様は、少なくとも私が勤務していた間に、再びご来店くださることはありませんでした。

でも、どうか新しい一歩を踏み出して、歩んでおられていたことを、願っています。

 

 

 

♡たまには手を抜きたい。 添加物のないお惣菜、お菓子。